添乗員ブログ「ただいま日記」

2011年4月の記事

2011年04月28日

古都大和路で花三昧の古寺巡り

K.S

4月26日~27日

 

 桜もそろそろ散り始め、今回は「大和路で花三昧の古寺巡り」の旅へと行かせて頂きました。

  この時期にはまるでタイミングを合わせたかのように様々なお花が咲き誇るのです!!

今年は少し開花が遅れ全体的にお花は少なめでしたが、やはり歴史あるお寺に咲くお花は雰囲気が良く、絵になるものでした。

 

中でも個人的には當麻寺が気に入りました。お寺もすばらしいものですが、塔頭ごとにぼたん園があったり、しゃくなげが咲いたりと同じ寺にいながらも雰囲気をかえて花を楽しめました。見どころも多く半日くらいいられそうでした。

ぜひ満開の時に、また足をはこびたい所となりました。

 

二日間ありがとうございました。

 

2011年04月25日

黒部立山アルペンルート

K.S

4月23日(土)

 

本日は、4月16日に今シーズンの全線開通したばかりの黒部立山アルペンルートに旅にご一緒させていただきました。

シーズンごとに違う世界を楽しむことのできるアルペンルート。今回は雪の壁!!開通間もなくなので、ほとんど溶けてはいません。

今年は高さが17メートル!!昨年より2メートルも高いんです。

見上げると、その迫力におどろかされます。

また、このシーズン以外は歩くことの出来ない所を歩けるというのも良いものです。

雪国うまれ、雪国育ちですが、大谷の雪は全く違った感動があるものですネ。

2011年04月22日

第35回東海道てくてく街道歩き(木曜の会)

S.M

4月21日(木)

 

この日、春の暖かい陽気のもと、東海道の旅にご一緒させて頂きました。

今日は三重県とお別れし、いよいよ滋賀県に突入。

更に難所と言われた鈴鹿峠超えをするとあり、皆様も気合十分!!!

はりきってスタート致しました。

八丁二十七曲がりといわれた難所も現在はかなり整備がすすみ、一部は東海道自然歩道となり歩きやすい道でした。

あっという間に峠ごえ!!!

後半は所々昔をしのぶ町並みの中土山宿へ向かいました。

田村神社ではお参りをしたり道の駅ではお買い物も。名物土山茶や蟹坂あめを買ったりしました。

 

昼食は遅お昼とあり腹ペコの皆様はおいしいお昼をペロリとめしあがり、食後うかい屋さんのご好意で鈴鹿馬子唄をご披露して頂きました。

本日の東海道も大満足のうち終了。また一歩京都が近づきました。

 

P.S. 第33回&34回にのみご参加頂いたH様、お仕事の都合でこれからはご参加できそうにない・・・それでもと、さしいれを入れて頂き本当にありがとうございました。

 

2011年04月22日

大阪造幣局の桜トンネルと大阪城の桜

S.M

4月18日(月)

 

この日は期間限定で、一番美しい時期のみ公開される大阪造幣局の桜トンネルの旅にご一緒させて頂きました。

私もこの度、初めて桜を見せて頂きました。八重桜が中心ですが珍しい品種のものが多く、更に、一般公開も100年以上続いている伝統のイベントとあり、多くの方が各地より桜見物に来ていました。

 

普段見ているソメイヨシノやコヒガンザクラとは少し違い、色も白っぽいものや逆にピンクが濃いもの。枝ぶりも大きく赤ちゃんのこぶしのような丸くてかわいらしい花々がとても印象的でした。

とてもおしとやかな雰囲気のでありましたがボリュームのある花々にしばしの時を忘れ見入ってしまいました。

 

大阪城の方は大変広大な敷地で大きな石垣やお堀、そびえる勇壮な天守閣に、はるばる大阪まで来たんだなァ・・・という思いがいたしました。

大変な混雑もそれほどなく大阪での一日を過ごすことができました。

ご一緒させて頂きまして本当に有難うございました( ^ ^ )

 

2011年04月16日

春らんまん京都都をどり・仁和寺と原谷苑

K.S

4月13日~14日

 

今回は、「春らんまん京都都をどりと原谷苑・仁和寺」の旅にご一緒させて頂きました。

今回の旅は、都をどりももちろんながら原谷苑の桜に感動した旅となりました。

 

原谷苑はガイドブックには載っていない隠れた名所であり、この世のものとは思えない美しさ!!とまで言われる所です。

期待に胸をふくらませ行ってみると・・・「満開ですよ(^  ^)  ゆっくりご覧ください」との声が・・・。

苑内に入ると圧倒される程の桜でした。桜のシャワーがあちらこちらで流れています。

正直・・・今までみた桜の中で一番良かった!!と思いました。

百本以上はあるという紅しだれ桜が中心ですが、山吹や吉野つつじも咲きじっくり堪能させていただきました。

あの感動が今でも忘れられません。一生忘れられないかも・・・。

絶対また桜のシャワーを浴びに行きたいと思います。すばらしい桜をみせていただきありがとうございました。

2011年04月11日

明日香の里ウォーキングと吉野の千本桜

K.S

4月9日~10日

 

4月に入り、ようやくあたたかくなって来ました今回は、「明日香の里と吉野の千本桜」の旅に

ご一緒させていただきました。

 

長野出発時はあいにくの雨・・・でしたが午後から晴れる!!

という天気予報を信じて奈良へと向かうとなんと願いが通じ雨もあがり歩きやすい陽気に(^ ^)

明日香では歴史探索古代ロマンにひたりました。

とってものどかな自然環境と満開の桜に心和むウォーキングとなりました。

宿泊は大阪で!!

すぐ目の前が道頓堀なので、夕食にお好み焼きやタコ焼きをつまんだりと、"ザ・大阪 "を楽しめる夜となりました。

 

二日目は吉野山へ・・・。

情報では今年は遅れ気味との事で少~し残念だな~と思っていましたが、ポカポカ陽気で花も開き想像以上に咲いていてくれました。

木によっては満開で十分なお花見ができました。咲き始めはやはり色もキレイで青空にかわいいピンク色の桜のコントラストも素晴らしかったです。

「一目千本」と言われる吉野の桜は見ごたえがあります。ぜひまたみに行きたいものです。

 

二日間ありがとうございました!!

 

2011年04月08日

東海道てくてく街道歩き(35)

S.M

4月3日(日) 「東海道てくてく街道歩き(35)」

 

この日は東海道の街道歩きの旅で坂下宿から土山宿までご一緒させて頂きました。

今回の注目ポイントは何と言っても鈴鹿峠越えです。この峠を境として三重県とは別れ滋賀県に入るのです。

 

気合十分で出発。

杉に囲まれた山道もだんだん石畳になり雰囲気のある峠道に。所々階段もあり皆様一所懸命登りました。

峠を越えてホッとひと息。ここからは下ります。

この日のお天気は晴れの予想とは反して春先の冷たい風が吹く一日でした。

皆で励ましあいようやく土山宿へ。この宿場も古い町並みとして趣深い家並が連なっていました。

 

今日のお昼は無事ゴールをしてから!!!という事で腹ペコ状態で街道ぞいのうかい屋さんでお昼を美味しく頂きました。

うかい屋さんのご主人は街道ぞいで古くから昔ながらの食事を出してくれる方として、又、街道歩きネットワークの会の方としても有名な方のようでした(^ ^)

ご好意により、スタッフの方から鈴鹿馬子唄をご披露頂きまして感動のひとときでした。

 

また1回街道歩きが終わりゴールが近づきました。

次回も貴重な体験を皆様とご一緒させて頂きたいと思います!!!

有難うございました。

 

2011年04月08日

身延山久遠寺 しだれ桜(4/2)

S.M

4月2日(土) 「身延山久遠寺しだれ桜」

 

この日は山梨県の日蓮さんゆかりの身延山久遠寺へご一緒させて頂きました。

 

境内には樹齢400年もの桜の名木があったり身延山の山頂へ行くロープウェイがあったり見所も豊富です。

私は一部の皆様と三門付近で降車をし、菩提梯と呼ばれる高さ104m、その数287段の石段を境内まで登ってみました。

周囲には老杉がそびえ荘厳な雰囲気です。汗をかきながらやっとの思いで境内へ。

再建された五重塔をはじめ見ごたえ十分のお堂の数々・・・。心も穏やかに参拝しました。

 

桜の方は昨日のポカポカ陽気もあいまって7~8分咲き。つぼみももうすぐ開くかのようにピンクが濃かったです。

400年も変わらない桜を見ていると本当に元気をもらえます。

東北の震災に遭われた皆様にも一日も早くこのような素晴らしい桜を見て頂きたい・・・。心から思いました。

ロープウェイ山頂駅から見たみごとな富士山も大感動でした。

 

素晴らしい春の一日・・・。ご一緒させて頂き心より感謝いたします。

有難うございました。

 

2011年04月06日

身延山久遠寺 しだれ桜(4/5)

Y.H

4月5日(火)

 

身延山久遠寺 しだれ桜の旅に行って来ました。

今まで色々な所でしだれ桜を観て来ましたが、私にとっては1番の桜観賞のポイントでもあります。

ので今回のツアーは大変楽しみにしておりました。

今年は天候不順という事もあり通年ですともう散りはじめている頃ですが、

今年は身延山一帯がほぼ満開状態でした。

 

現地には予定の時間より早く到着出来たのでタップリ5時間取る事も出来たので

お客様は桜見学の他に周辺の散策も楽しんでいた様でした。

私も境内に咲く樹齢400年のしだれ桜を観たり、ロープウェイに乗り身延山の山頂より富士山、

南アルプスを見て楽しんで来ました。

もちろん、宿坊の方にも足を向け沢山のしだれ桜を観て参りました。さすがに歩くのに疲れてしまったので

大本堂と三門をつなぐ階段(287段)を降った時には足はガクガクでした。

 

今日は快晴で風もない爽やかなお天気でしたので最高のお花見が出来たと想います。

是非「来年以後も観に来ます」と思いつつ長野へ帰って参りました。

2011年04月04日

桜の京都 都をどり

K.S

4月1日~2日。

この二日間は、「桜の京都 都をどり」の旅にご一緒させていただきました。

祇園で雅やかな京都らしい昼食に舌鼓を打ち、数本ではあるものの桜の咲く祇園のまちは情緒たっぷりで

気分も盛り上がった中、都をどりの観賞生演奏の中で踊る舞妓さんは、一人一人の顔の違いがわかる程すぐ近くです。

観ている間は別世界にいるような優雅な一時に浸ってきました。

夜はそれぞれライトアップに出かけたりと昼間とは一味違う京都を味わっていらっしゃいました。

 

二日目には自由散策や、バスでは醍醐寺にご案内させていただきました。

京都の県花は「シダレザクラ」ですが、多くの木が花を咲かせ青空のもと堪能できたコトでしょう!!

 

二日間とてもあたたかく、まさに春!

そんな中で楽しむことが出来て幸せでした。

ページのトップへ