添乗員ブログ「ただいま日記」

2011年8月の記事

2011年08月20日

京都三尾と五山送り火

K.S

8月16日~17日

 

今回は「京都三尾と五山送り火」の旅にご一緒させて頂きました。

 

暑い京都の涼を求め、昼食には川床料理を召し上がっていただき、京都三尾の古刹を散策いたしました。

ガイドさんと歩くとより詳しく三尾について知る事ができたと思います。

それでも暑かったですが、川から吹く風が気持ち良くいい汗をかけ、ホテルでのお風呂はさっぱりしました。

 

午後八時・・・いよいよ今回のツアーの大目玉!!五山の送り火の見学です。

ホテルの屋上から四つを見学する事が出来ます。

京都市内でも指折りのビュウスポットです。すっきりと視界も良く送り火の代名詞ともいえる「大」文字が点火。

もともと送り火は、お盆に迎えた先祖の精霊を送る行事、皆様きっと思いを馳せ、ご覧になったことでしょう。

私もスケールの大きさに圧倒されつつ、胸にジーンと響くものがありました。

また、少しずつ消えていく炎は夏の終わりを告げているかのようでした。

 

とても貴重な体験をさせて頂きました。

ありがとうございました。

 

2011年08月18日

富士山ぐるり一周ウォーク

S.M

8月17(水)

 

この日は日本一の富士山の裾野を歩く旅の第4回目。ご一緒させて頂きました。

 

今回は前回ゴールの道の駅かつやまから北口本宮富士浅間神社まで約11kmの道のりでした。

連日のように猛暑・酷暑といわれていましたので、今日も相当な暑さが待ちうけているのだろうと思いながらスタート地点に到着。

するとさすが、富士山の恵みをうけている河口湖のほとり。それほど暑くなく涼やかな風も吹いていました。

ほっとしてスタート。

日射しは照りつけてはいましたが、気持ちのよいウォーキングトレイルコースを大池公園まで歩きました。

 

今日のお昼は山梨名物の「ほうとう」。暑い時にナゼ!?と思われるかもしれませんがきちんと意味があります。

①山梨名物は山梨で召し上がって頂きたい。

②暑い時期には味噌仕立ての塩分あるほうとうで塩分補給。スタミナをつける為。

ということで、煮え煮えのほうとうを皆で一緒に頂きました。

 

富士急ハイランドのスリリングなアトラクションを眺めたり、江戸時代、信仰登山で賑わう吉田で登山に訪れた人々のお世話をしたちう御師(おし)の家が今も一軒残っています。こちらを見学したりして、本日のゴール北口本宮富士浅間神社に到着。

さすがに午後はより一層暑くなりましたが、気持ちのよい温泉でさっぱりして充実感とともに帰路に着くことができました。

 

また一つ、貴重な体験をご一緒させて頂きました。本当にありがとうございました。

 

2011年08月10日

東北四大祭り

K.S

8月4日(木)~6日(土)

 

この三日間、「東北四大祭り」の旅にご一緒させて頂きました。

秋田・竿燈まつり、青森・ねぶた祭り、仙台・七夕まつり、山形・花笠まつりが東北四大祭りです。

それぞれのお祭りごと趣が異なり、「満喫」という言葉がぴったりです。

皆様に伺うと、「ねぶたが良かった!!」と言う方が多かったです。それもそのはず!私達が見学した5日は「ねぶた大賞」が決まる日だったのです。跳ね人も担ぎ手も囃子方も一層気合いが入っていたことでしょう。

そして私達のお席は審査員のおとなり・・・一番の盛り上がりをみせる所での見学に、こちらも大興奮の一時だったと思います。

個人的には竿燈まつりも大好き!で、「どっこいしょ、どっこいしょ」の掛け声とともに繰り広げられる妙技は目を奪われました。

皆様と一緒に(それ以上!?)仕事を忘れ楽しんでまいりました。

 

今年の仙台七夕は復興への強い思いが込められて鶴の飾りが多かったように感じました。

最後は花笠のしっとりとした雰囲気を味わい、四大祭りを制覇して来ました。

 

今年の四大祭りでは、「頑張ろう!!東北」というキャッチフレーズを沢山目にしました。

と、同時に東北の力強さ、パワーを体全体で感じることができたと思います。

 

暑い、熱い夏の想い出を今年の東北で作ることが出来、大変感謝しております。

三日間ありがとうございました。

 

2011年08月08日

青森ねぶたと仙台七夕まつり

S.M

8月6日(土)~7日(日)

 

2日間にわたりまして東北の祭、青森ねぶた、仙台七夕のツアーにご一緒させて頂きました。

 

東北四大まつりの一つ、青森ねぶた祭は大迫力で勇壮で、それでいて幻想的で日本を代表する祭です。

観覧席から見事なねぶたの舞を見る事ができました。

更にはハネト達からもらう鈴には皆様夢中。おなじみの祭囃子にのって大盛り上がりでした。

6日は大型ねぶたが22台も運行され、更には土曜ということもあり、市内はとても混雑しました。

 

この日は秋田県の湯殿温泉は姫の湯ホテルさんに宿泊。

深夜のチェックインにもかかわらず、大段幕でお出迎えして下さり、温かいおもてなしと美人の湯でさっぱり汗を流しました。

 

翌日は仙台市内。こちらも伝統の七夕祭。大きな吹き流しや七つ飾りといわれる和紙で作られた小物などじっくり見学できました。

またグルメなまち仙台では牛タン、冷やし中華、すし・・・など思い思いにお昼も楽しんで頂きました。

 

暑い中ではありましたが、各々のお祭を存分に味わって頂けたと思います。皆様と一緒に私もたっぷり楽しませて頂きました。

本当にありがとうございました!!!

2011年08月08日

富士山五合目散策と富士ビューホテル

S.M

この日は日本一の富士山五合目、標高2,305mの付近の散策とバイキングのツアーにご一緒させて頂きました。

この時期の五合目は登山客が多く、山頂を目指す人々で賑わっていました。

裾野の辺りは天気もよく暑かったのですが、スバルラインのゲートをくぐり、標高があがるにつれてあやしい雲行きに・・・。

五合目付近は残念ながら霧と雨でした。

五合目では富士山ができる前にあった小御岳(こみたけ)を祀る、小御岳神社のお参りをしたり、六合目までの道を少し歩いてみたり、お買い物を楽しんだりしました。

皆様のパワーで散策寺には雨もやみ、傘をささずに散策ができる程になりました。

富士山の麓に下りると先程までの涼しい気候とはかわり夏らしい、また河口湖のあたりは避暑地らしい陽気となりました。

 

いよいよランチのお楽しみです。

本日は河口湖のほとり三万坪の庭園の富士ビューホテルさんでバイキング。

もう食べられない・・・という位、お腹も満たされ皆様も満足のご様子。私もお客様と一緒に食後のお散歩にお供させて頂きました。

帰りに明野でひまわりの花を見て夏を感じ、帰ってきました。

 

富士山は残念でしたが和やかムードの車内、ご一緒させて頂き本当にありがとうございました。

 

2011年08月03日

上高地ハイキングと白骨温泉自由入浴

S.A

8月1日(月)

 

本日は、上高地ハイキングと白骨温泉自由入浴のツアーへご一緒させて頂きました。

上高地は、イギリス人宣教師ウォルター・ウェストンにより世界に紹介され、日本を代表する山岳観光地です。

 

本日の上高地は、空にうっすらと雲がかかり、標高も1,500m程に位置するという事もあり、少々肌寒くも感じられましたが、ハイキングには心地よい日和でした。

大正池~河童橋までを約2時間程かけ、ゆっくり歩きました。大正池の湖面にはもやがかかっており、とても幻想的な眺めでした。

梓川のせせらぎを聞きながら、周囲の木々や花を見ながら、とても爽やかにハイキングを楽しむ事ができました。

平日であるにもかかわらず、上高地の観光はトップシーズンを迎えている事もあり、沢山の人で賑わっていました。

人気の高さを実感しました。

 

白骨温泉は白濁の湯が特徴の温泉。もともとは無色透明な温泉だそうですが、温泉に含まれる石灰分が白い色の素のようです。

公共野天風呂は目の前を湯川が流れる、とても開放的なお風呂でした。ゆっくりつかって心身ともにリラックスできる一時でした。

 

本日はお天気が少し心配されましたが、バスでの移動中雨に当たっても不思議とバスを停めれば晴れており、一日雨に当たらないラッキーな一日でした。

楽しく過ごさせて頂きました。

一日ありがとうございました。

 

2011年08月01日

大菩薩嶺登山

K.S

7月31日(日)

 

本日は山梨県「大菩薩嶺登山」の旅にご一緒させていただきました。

 

日本百名山の一つにも選ばれている大菩薩嶺へは大菩薩峠を越えて行きますが、この間の稜線は360度視界がひらけ、富士山や南アルプスを眺める事が出来ます。

が、本日は霧雨の中での登山となり、眺望は楽しみ事が出来ませんでした。

しかし、ふと足元に目をやるとまるでしゅうたんを敷いたのか!?と思う程の光景が広がっていました。

霧雨が草に小さな雨粒を落とし、まるでお花をつけているようでした。

これこそまさに、今日だったから楽しむ事が出来た「雨のお花」です。

とても小さくかわいらしく咲いていました。

雨だからこその楽しみ、味わい方もあるものですネ。

 

改めて、同じ場所でも二度と同じ旅というものはない!!と感じ、お客様と過ごす一瞬一瞬を楽しみ、大切にしていきたいな、と思える一日でした。

ありがとうございました。

 

ページのトップへ