添乗員ブログ「ただいま日記」

2012年10月の記事

2012年10月21日

屋久島トレッキング

K.T.

10月18日(木)~20日(土)

「憧れの世界遺産 屋久島トレッキング」の旅

 

この旅は、まず往路関越自動車道で大型車の事故により下仁田→富岡間通行止めという波乱含みでスタートしました。

途中のWC休憩も皆様にご協力いただき5分で済ませ、羽田空港から一路九州の最南端鹿児島に飛びました。

空港到着後台風21号の影響で鹿児島→屋久島間の航路が終日欠航になってしまいました。

本来ですとその日の午後に屋久島に渡り、観光を済ませ、屋久島で2泊する予定でしたが、

船も航空機も、あらゆる手段を使っても本日中に屋久島に行く手立てなく、

この日は薩摩半島の一番南の指宿温泉に宿泊しました。

 

途中、鹿児島では随一の見学個所で有名な島津の御殿様の御殿がある磯庭園、

そして遠くに桜島を見ながら鹿児島名物のさつま揚げ、かるかん、工場見学、

大うなぎで有名な池田湖を見学してきました。

ヤシの木が生い茂り全室バルコニーのオーシャンビューのホテル、評判は上々でした。

青空でしたが波風が強く、湾内には奄美大島行きのフェリーが台風を避けて停泊していました。

 

翌日始発便で屋久島に到着、残念ながら時間的な都合で宮之浦岳も縄文杉も行くことができませんでした。

港から二班に別れ、黒味岳登山、白谷雲水峡ハイキングの散策をしました。

一日目の滞在を取り戻すように、皆様精いっぱい楽しんで頂きました。

 

初期の目的が達成されず、屋久島1泊のみの限られた条件の中ですが、皆様それぞれ楽しんでいただけたようでした。

今回大きな台風の影響でお客様には色々とご迷惑をおかけ致しましたが、

ご理解ご協力のもと無事長野へ帰ってこれました。ありがとうございました。

2012年10月17日

小笠原諸島

K.T

10月11日(木)~16日(火)

世界自然遺産「小笠原諸島」父島・母島2島探訪の旅

 

東京竹芝桟橋を出向して25時間30分。乗っても乗っても着かないと、長い航路にあきてしまうかもと思っていましたが、案外退屈しませんでした。

出発してすぐに、レインボーブリッジや羽田空港の飛行機の離発着、そして海ホタルのすぐ脇を通ったり、横浜の街並みを横目に眺めながら、旅が始まりましたship

出向して約3時間を過ぎて東京湾を出ると、あたり一面は海です!!

カモメの群れが楽しそうに船の前後を行きかいます。

 

船が寄港する父島は東京から千キロ南にあります。人口2,000人。とっても小さな島です。

ヤシの木・ハイビスカス・コーヒーの赤い実・ブーゲンビリアの花が皆様を迎えてくれました。

手つかずの自然と野生動物や珍しい鳥、そして島の人々の素晴らしいおもてなしの心!!とても良いところです!!

 

母島も自然が多く皆様にご満足いただきました。

 

遠い道のりでしたが、そこでしか味わえない体験ができました。

小笠原ぜひお出かけ下さいhappy01

 

CIMG6881.JPG

 

 

2012年10月17日

八甲田山大岳と奥入瀬渓流ハイキング

K.S

十月七日~九日

今回は、一夜行一泊二日で「八甲田山大岳と奥入瀬渓流ハイキング」の旅に行って参りました。

車内でぐっすりお休み頂き、朝一番のロープウェイで登山口へ・・・

八甲田山最高峰大岳を目指し出発!!

快晴という言葉がピッタリの青空が広がり、眼下には雄大な海・下北半島に北海道に岩木山と絶景が広がります。

「最高だネheart01」という声がとびかいます。

このすばらしい景色にはげまされ約三時間・・・

大岳山頂に到着heart04

山頂からは三六〇度の大パノラマ、海と山が同時に楽しめるなんて贅沢だなぁ~happy01

下りは毛無岱という湿原で紅葉が楽しめました。

黄や赤に染まる木々の向こうには今登ったばかりの大岳が高~くそびえ、感動もひとしおでしたheart01

下山後は宿でゆっくり温泉につかり登山の疲れを癒せたと思います。

三日目もお天気に恵まれ涼々しい奥入瀬ハイキングが出来ました。

長距離でなかなか行くのは難しい所に行き、さらに登頂sign03快晴sun

こんな機会を与えて頂き、ありがとうございました。

涼しくなってきた秋の山旅・・・気持ち良く歩けました。

山サイコーですネheart01

 

ページのトップへ