添乗員ブログ「ただいま日記」

2016年10月の記事

2016年10月27日

奥只見遊覧船と八海山ロープウェイ

N・M

10月21日(金)

 

10月に入り木々も色づいてきました。

10月21日に「奥只見遊覧船と八海山ロープウェイ」のツアーにご一緒させて頂きました。

 

朝から天気も良く、バスは117号線から新潟県魚沼市にある、奥只見湖遊覧船の乗り場「銀山平」へ。

今回は、「銀山平」から奥只見ダムまでの遊覧コースでした。

奥只見ダムですが、1691年に完成し日本最大級の貯水量を誇る巨大なダムなんです。

その量はなんと黒部ダムの3倍もの貯水量sign01

そんな話をしながら、バスは進んでいき最初の見どころ「奥只見シルバーライン」に到着。

こちらは22km中18kmがトンネルで、昭和32年に約3年の歳月をかけて完成した、元々は奥只見ダムの建設工事用道路です。

大型バスのすれ違いもギリギリで、ドライバーさんの腕の見せ所。

すれ違うたびにドライバーさんへ拍手が起こるほど狭くゴツゴツとした岩肌が残る誰もが驚くトンネルでしたflair

トンネルを抜けると、息をのむほど見事な紅葉が広がっていました。

遊覧船「ファンタジア号」に乗り込み、40分の船の旅、青空、紅葉、湖面にも写り見事でした。

奥只見ダムを出発後は、「八海山ロープウェイ」へ。

こちらも、紅葉徐々に見ごろをむかえていて、キレイでしたconfident

 

ご参加の皆様のご協力を頂き、天候、紅葉の見ごろをむかえた一番良い時期に行くことが出来ました。

ご参加の皆様ありがとうございました。

 

 

2016年10月27日

松茸づくし・会席昼食入浴

K・S

10月21日(金)

 

松茸が旬のこの季節、山形村にあるスカイランドきよみずさんでの、松茸づくし会席昼食のツアーにご一緒させて頂きました。

 

出発してさて高速へ、というところであわただしく旗を振る人の姿が・・・。

まさかの通行止めで急遽下道で山形村へ向かうこととなりました。

ご迷惑をおかけしましたが、景色を見ながら新鮮だったとのお声も頂き嬉しい限りです。

 

今年は紅葉も1週間早かったそうで、ちょうど色づいた木々に迎えられながら標高1300mにある高原の一軒宿、スカイランドきよみずさんへと到着しました。

 

到着後は、美味しい松茸づくしの昼食をいただきましたが、皆様あぶり焼きを楽しんだり食べきれないご飯をお土産にしてもらったりと満足して頂けたようですhappy02

 

昼食後はご希望の方のみ清水寺へ。

清水寺はあの京都の有名な清水寺のもととなったといわれるお寺です。

その結びつきから、京都清水寺の森貴主(今年の漢字を書くあの方です!)もいらっしゃるそうで驚きのことにツアー当日がその日でした。

残念ながらお会いすることはかないませんでしたが、偶然でびっくりですeye

 

そのあとゆっくり入浴や休憩を楽しんで頂き帰路へbus

 

帰りは高速を使えひと安心でしたが、ご参加の皆様のご理解とご協力の上、無事に旅を終えることが出来ました。

本当にありがとうございました。

2016年10月27日

奥日光の三滝と中禅寺湖の遊覧船

T・K

10月20日(木)

 

 

朝はだいぶ冷え込んで参りましたが、紅葉の鮮やかな時期がやって来ましたねmaple

 

そんな中、私は10月20日にみな様ごいっしょに「奥日光の三滝と中禅寺湖」のツアーに行ってきました。

木々は色づき、様々な表情を見せてくれました。

天気も良く、青空が広がっていてお散歩日和となりました。

湯滝に着いたら紅葉がとてもキレイだったので集合写真をnote

近くで見る事ができ、迫力もありました。

 

竜頭の滝は遊歩道を下りながら滝つぼまでじっくりと見る事が出来ました。

気温もあたたかくなり天気も良いので滝を見ながらお弁当を楽しむ方も見られましたhappy01

 

そして日本三名瀑にも数えられる華厳の滝。

二つの滝とはまた違った、一気に流れ落ちる様がとても印象的でした。

自然美を感じる、壮大な滝でしたよnote

遊覧船も、快い風を感じながら湖畔に広がる景色も最高でしたshine

まだまだたくさんの思い出がありますが、この辺で・・・(笑)

 

至らない点多く、ご迷惑をおかけしましたが皆様にはあたたかいご声援いただきました。

本当にありがとうございました!!

2016年10月27日

迎賓館赤坂離宮と国立西洋美術館

T・K

10月20日(木)

 

テレビなどで話題の迎賓館の見学に行ってまいりました。

今回は10月の公開最終日でしたので、とにかくものすごい人と混雑を体験しました。

 

迎賓館は、もともと日本に訪れる世界各国の国王や元首などの賓客の皆様を日本政府が大切にもてなすゲストハウスとして建てられたものです。

近年まで非公開でしたが、公開以降、見学者の列が途切れることのないほど、広大な敷地、よく手入れされた庭、芝の青さが目に染みるほどきれいで、建物は洋館ですが、金の装飾や手のこった彫刻など、まるでため息がでるほど豪華ですshine

本館の入口には金の装飾とともに日本政府の紋章である五七の桐のマークも。

今回は前庭のみの見学でしたが、十分にインパクトがありました。

次回ぜひ本館の中の見学をしてみたいと思いました。

 

ちょこっtripでは、他にも京都御所の一般公開などなかなか普段では訪れないような企画もあります。

機会がありましたら、是非ご参加くださいnote
 

2016年10月27日

第5回 中央分水嶺トレイル

Y・N

10月14日(金)

 

中央分水嶺トレイル第5回目のツアーに行ってきました。

 

6月からスタートしたこのツアーも、いよいよ最終日となり、今まで歩いた道程に思いを馳せながら、

まずは急登を登りきったその先には、息をのむ様な素晴らしい景色が待っていてくれました。

抜けるような青空と輝く雲、そして美ヶ原高原の広く雄大な姿。

何度も立ち止まって見渡す、八ヶ岳や日本アルプスの山々、本当に最高の気分でしたsign03

 

茶臼岳山頂で、青空の下お弁当を食べて

最後は、美しの塔で全長38㎞を5回に分けて歩いたコースのゴールとなりました。

 

美しの塔で、みんなで鐘を鳴らしていると、ここでご参加の、あるお客様たちからのサプライズeye

 

なんと・・・sign03

ツアー参加者全員の、チーズケーキとシソジュースをこの日のために用意して持ってきてくれたんですhappy02

みんなで乾杯をして笑顔のフィナーレとなりました。

 

達成感・連帯感・素晴らしい景色と素敵な仲間に出会える、山旅のツアーに、皆さんも参加してみませんかsign02

 

 

2016年10月01日

奥穂高岳登山

Y・N

9月30日より2泊3日で「奥穂高岳登山」のツアーに行ってきました。

 

日本第3位の高峰で、穂高連峰の最高峰、3190mの奥穂高岳に登る、このツアーは、途中涸沢ヒュッテでヘルメットを借りて落石の危険のある、岩場やはしご場を通過する、上級者コースですsign03

 

初日は、台風が近づく中お天気予報を信じて、雨の中のスタートとなりました。

雨の中、上高地の林道を歩いていくと、予報通りに午後から雨は上がり、涸沢ヒュッテに無事到着。

お天気のせいか、山小屋はすごく空いていて、ほぼ貸切でした

ゆっくりと山小屋で、休んだ翌日は、いよいよ奥穂高岳にアタックです。

前日の雨がウソの様な快晴で、危険なザイテングラードを無事通過して、奥穂高岳山頂へsign01

切り立ったジャンダルムや、槍ヶ岳までの穂高の美しい稜線。

ここまでた到りついた人にしか見えない、素晴らしい景色を眺めることが出来ましたshine

少し時間に余裕があったので、そのあとみんなで、3110mの涸沢岳にも登っちゃいましたよhappy01

 

ご参加のお客様のチームワークと、お天気に恵まれ最高のツアーとなりました。

皆さんも一度、地上の楽園、3000mの別世界へ訪れてみませんか?

ページのトップへ