添乗員ブログ「ただいま日記」

2016年11月の記事

2016年11月29日

風俗絵巻行列と奈良井宿散策

T・M

11月23日(水)

 

「風俗絵巻行列と奈良井宿散策」のツアーにご一緒させて頂きました。

 

まずは、ご参加の皆様、誠にありがとうございましたhappy01

 

バスは梓川サービスエリアで一回休憩を取り、塩尻北インターより国道19号線を走り、本日の目的地「風俗絵巻行列」が行われる南木曽町にあります「妻籠宿」へ。

 

中山道の宿場町で栄えた「妻籠宿」ですが、今回の一番の見所は、昭和43年より毎年11月23日「勤労感謝の日」に行われるようになった「風俗絵巻行列」ですflair

「妻籠宿」の保存事業が始まったのを記念して毎年行われているのですが、地元の住民を中心に130名にもなる行列が「妻籠宿」を練り歩きますhappy02

武士・浪人・鳥追い女・駕籠かきなどに扮して文化文政時代の宿場の風俗を見事に再現し、その中でも、木曽馬に乗った花嫁さんが一番人気でカメラcameraが好きな方も多く集まります。

一目見ようと行きましたが馬に乗っているのであっという間に通り過ぎてしまいました。

天候にも恵まれ散策すると汗ばむ程良い天気sunで、上着が邪魔になった方もいたみたいです。

 

出発後は「奈良井宿」へbus

中山道のちょうど真ん中の宿場町です。

標高も木曽11宿では、一番高く、暑かった天気とは打って変わり、外気温マイナス一度coldsweats02

ビックリしましたがゆっくり散策できましたlovely

 

そして帰り道丹波島橋南を通った際、「えびす講」の花火が!!shine

混んでいたので車窓からゆっくり見る事ができとってもキレイでしたlovely

 

寒くなってきましたが皆様お体にお気をつけてお過ごしください。

2016年11月28日

いい夫婦の旅 宿泊ミステリー

Y・N

11月22日(火)

 

気温が下がり、朝晩の冷え込みも増してきて、肌寒いこの季節、1泊2日で「いい夫婦の旅宿泊ミステリー」のツアーに行って参りましたsign03

 

このツアーは、ミステリーの名前のとおりお客様はどこに行くのか、まったく知りませんcoldsweats02secret

42名のお客様と一緒に私とドライバーさんしか知らない目的地へ、クイズを出しながら向かっていきますbus

 

高速道路の分岐や、別れ道など、サービスエリアでもらってきた地図を見ながら、みなさん目的地が気になる様子です。

 

「ドキドキ」「ワクワク」しながら、最初は福島県喜多方市にある熊野神社へflair

樹齢800年の大イチョウの真下に広がる黄色い絨毯の様な落葉が見事でしたshine

 

お昼は、喜多方ラーメンを食べて、お泊まりは「蔵王国際ホテル」です。

乳白色のお湯と、食べきれないほどのお食事restaurantゆったりと過ごしていただきましたhappy01

 

翌日は高畠ワイナリーで、ワインの試飲wineをしてお買物、

最後は新潟県村上市で、イクラ丼を食べて鮭の遡上を見て盛りだくさんのミステリーツアー終了となりましたnotes

 

目的地を知らないからこそ、出会える感動や新しい発見があるミステリーツアーおすすめですよ!!wink

2016年11月28日

きぬかけの路金閣寺・銀閣寺から哲学の道へ

T・K

11月21日(月)

 

もともとお伊勢参りや善光寺詣りがそうであったとおり、旅の原点は、歩いて寺社仏閣にお参りをしながら、移動中の風景や人々の触れあい食を楽しむことが根底にあると思っております。

駐車場で車を降りて移動を繰り返す旅は、移動中の楽しみ空気を肌で感じる感覚や、ちょっと寄り道してみようという遊び心を満たすことはできません。

 

今回のツアーでは初日に、銀閣寺から若王子神社までの約2キロ「哲学の道」を歩き、2日目には仁和寺から金閣寺までの約2.5キロ「きぬかけの路」を歩きましたshoe

近江の人が京都の人とケンカするときによく「琵琶湖の水をとめたるで」というようですが、まさに琵琶湖からひっぱってくる35キロの琵琶湖疏水の一部を歩きます。

 

桜やモミジイチョウの紅葉がとてもきれいで春の桜の時期もちょっと歩いてみたいという気持ちも自然にわいてきますshine

 

本道からちょっと離れて法然院へ。

ここは、浄土宗の開法然ゆかりのお寺ですが個人まりとして、坂道を登りきったところの門から境内をのぞくとモミジがとても鮮やかに色づいていましたmaple

 

そしてもう一つ例年コースでは行ったことのないお寺、霊鑑寺にも寄って来ました。

このお寺は、ガイドブックにも載っていません。

何度も京都に来ている私も全然知りませんでしたcoldsweats02

春と秋の年に2回ほんの数日間しか公開されないので、とても空いています。

 

宝物に巡りあった気分ですhappy01

 

 

 

2016年11月28日

熊野古道を歩く

Y・N

11月10日(木)

 

秋も一段と深まるこの季節、夜行発で和歌山県に「熊野古道を歩く」のツアーに行って参りました。

 

長野駅東口を、夜の22時に出発して、片道約7時間のバスの度の始まりですbus

 

今回歩く「熊野那智大社」「青岸渡寺」及び境内地は、世界遺産に選ばれており、その周りに広がる那智原生林は、多くの植物が群生していて、国の天然記念物にも指定される、素晴らしい道ですconfident

 

スタート地点の大門坂で語り部さんと合流して、参道を那智大社に向けて歩いて行きます。

 

まず目を引くのが、樹齢800年を超える、杉の大木ですflair

左右に並び立つ夫婦杉は力強く真っ直ぐ伸びていて、見上げるだけでパワーをもらっている気がしましたhappy02

 

色々なお話を聞きながら世界遺産の神社とお寺に参拝して、最後は、日本三大瀑布の「那智の滝」を間近に見て素晴らしいハイキングを楽しみましたよshine

 

お食事は、勝浦の「万清楼」で、海の幸を中心とした、食べきれないほどの美味しい懐石をいただきましたhappy01

 

最後にボートに乗って海を渡り、絶景の露店風呂ホテル浦島にある「忘帰洞」にも入浴して最高の2日間でしたsign03

 

 

ご参加の皆様、本当にありがとうございました。

2016年11月28日

越後旧家紅葉巡りとイタリアンランチ

K・S

11月9日(水)

 

秋といえばやはり紅葉ですねmaple

 

ということで今回私は越後旧家紅葉巡りとイタリアンランチのツアーにご一緒しました。

 

今回巡る旧家は、石油王と呼ばれた中野家と豪商斉藤家の2ヵ所です。

 

中野邸には130種2000本余りが植えられたもみじ園がありますshine

ちょうどこの時期が見頃ということで、赤や黄色に色づいてとても素晴らしかったですhappy01

 

その後、イタリアンレストラン「ノラクチーナ」さんで昼食をいただきました。

新潟県内でトマトの出荷量がナンバー1ということもあり、トマトとチーズがふんだんに使われたパスタが美味しかったですdelicious

 

午後は旧斉藤家別邸へとお邪魔しましたがこちらは邸宅から眺める庭が見事でした!

ガイドさんのご案内と共にまわりましたが、お庭の上には茶室や東屋があり、こちらから邸宅を見るのもまた素敵でしたlovely

抹茶も頂けるようですが、今回は時間がなく残念・・・sweat01

 

それにしても見学の時だけ雨が上がってくれるという何とも驚きの1日でしたが、ご参加いただきました皆様の日頃の行いの賜物ですねsun

本当にありがとうございました。

 

紅葉と昼食、ご満足いただけていれば嬉しいですhappy01

 

 

2016年11月14日

奈良正倉院展

T・K

11月7日(月)

 

人気の奈良正倉院展も、今年で第68回目をむかえました。

 

奈良の大仏さんで有名な東大寺の正倉院、そこには約五千件もの宝物が保管されています。

正倉院の宝物は現在も勅封によって厳重に保管され古来から行われている虫干しの伝統に則り毎年秋にのみ宝庫が開封されます。

正倉院展はこの期間に合わせて行われ、毎年約60件前後の宝物が出陳されます。

 

今年の一番の目玉品目は、聖武天皇ご遺愛の品々の中から、「漆胡瓶」簡単にいいますと鳥のくちばしの形をした水差しです。

この作品は、入場券の表にある写真に載っており、是非見ていただきたい一品ですconfident

 

会場内は大混雑でいくつか陳列されているガラスケースがいくつもあり、いく重にも列ができており中々近づくことが出来ませんでした。

東新館の一角に展示してあったのですが、人の波に押されて流されているうちに通り過ぎ西新館の出口まで来てしまいました。

学芸員の方に、チケットを指さして、「この有名な漆胡瓶」水さし見に来たのですが、どこにありましたでしょうか」と問い合わせるとすでに通り過ぎてしまったとの事ですcoldsweats02

会場内は一方通行で通常は後戻りできませんが、長野県から六時間かけてこの水さし見にきたこと、業務で来てお客様に是非すばらしさを伝えたいことを説明し、学芸員さんの特別なはからいで業務用のルートを通り間近に見る事が出来ましたshine

 

古都奈良には見るべきものがたくさんあります。

この正倉院展は、秋口だけ催事となっておりますが、東大寺の奈良の大仏さん、お水取りの舞台で有名な二月堂、大きな観音さまの三月堂、そして日光、月光ぼさつ。

興福寺の阿修羅像、千本の鳥居の春日大社などゆっくり訪ねてみたいところですね。

2016年11月14日

富岡製糸場とめがね橋・こんにゃくパーク

T・M

11月7日(月)

 

富岡製糸場とめがね橋・こんにゃくパーク」のツアーに同行させて頂きました。

まずはご参加のお客様、まことにありがとうございました。

 

更埴インターから高速道路に乗り、横川サービスエリアにて休憩を取った後に、まず初めに「富岡製糸場」に行きました。

1日天気も良く、横川サービスエリア出発後は、上毛三山、妙義山も非常にキレイでした。「富岡製糸場」到着後は、現地ガイドさんと合流し歴史を学びながら「富岡製糸場」を見学して行きました。

創業当時のまま、ほぼ完全に残されている建物、そして木骨レンガ造りの工場には、感動を覚えました。当時の工女さんの生活や時代の流れを楽しむことができたと思います。

 

「富岡製糸場」を出発後は「こんにゃくパーク」へ。

「こんにゃくパーク」は群馬県と言ったらこんにゃくだと思いますがこんにゃくが百年後も食べられる日本であるようにという思いがこめられたこんにゃくの美味しさ、文化を多くの方にお伝えする施設なんです。

こちらで頂いたこんにゃくバイキングは、絶品でしたsign01

様々な工夫そしてバリエーション豊かなこんにゃく料理は、一食の価値有りですよwink

 

食後は、碓氷第三橋梁(うすいだいさんきょうりょう)「めがね橋」へ。

紅葉ピークを迎えておりキレイでした。レンガ造りの「めがね橋」と紅葉は見事な景色を生み出していました。

 

天気も良く、こんな素敵な1日に同行させて頂きありがとうございました!!

2016年11月14日

モネの池とうだつの町並み

N・K

11月4日(金)

 

 

秋を越して冬が来たかの様な寒い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

私はそんな中、岐阜県美濃市へ「モネの池とうだつの町並みツアー」に行って参りましたsign03

 

落ち着いた雰囲気と歴史を感じさせるうだつの町並みでは、お土産に地酒を選ばれている方が多くいらっしゃいましたhappy01

 

また、モネの池は、モネの作品に似ていると有名になってから初めて行きましたが、澄みきった水面を泳ぐ、ハートマークの付いたコイを目で追うのに夢中になってしまいました(笑)紅葉した木々が移る様もとてもキレイでしたよ。

 

昼食には板取川にある「鮎川」さんへ・・・。ボリューム満点で、鮎が5匹も出てきた!!とお客様に好評でしたshine

 

最後に行ったのは、関善光寺。ゆるやかな長い階段を上がった先には五郎丸選手の有名なポーズをした仏様が。間近で見ましたが、本当にそっくりですcoldsweats02

 

一日を通して私も、とても楽しく過ごすことが出来、皆様には大変感謝しています。

 

また体調も崩しやすいこの時期ですが元気な姿でお会いできる日を楽しみに思っています。

本当にありがとうございました!!

2016年11月08日

日光東照宮と冨弘美術館

T・K

11月4日(金)

 

世界遺産に指定され人気の日光東照宮に行って参りましたsign01

 

杉並木の続く表参道をぬけ、紅葉で色づく輪王寺の鐘を見ながら、集合写真を撮りました。

徳川家康をまつる神社ですので、とても豪華なつくりをしています。

そんな豪華な神社ですから、見どころいっぱい。

まるで宝箱のようなところですshine

有名な「見ざる」・「聞かざる」・「言わざる」で有名な重要文化財「新厩舎」の三猿をはじめ、黄金の国ジパングを表す金ピカの陽明門、涼やかな音色の鳴き龍、そして奥の院入り口の眠り猫など、話題尽きることない素敵な宝箱ですね。

お食事は日光名物の湯波を召し上がっていただき、午後は心あたたまる名画、星野冨弘美術館に寄ってきました。

残念ながら、東照宮は一部改装工事が入っておりましたが、来年3月には、全て工事終了の予定となっています。

 

思い出深い秋の一日となりましたhappy01

ありがとございました。

ページのトップへ